Skebコラム

【Skebコラム】Linafordちゃんで考えるSkebのあれこれ

2022/02/20

Linafordちゃんで考える

 

 

この記事はSkeb創設者なるがみ氏のアバター『Linafordちゃん』のリクエスト作品を通して、Skebについてあれこれ考えよう!といった感じの読み物です。

 

 

目次

はじめに

Linafordちゃんとは

Skeb創設者のなるがみ氏がVRSNSで使用しているアバターです。

クリエイター
Skebでは「うちの子」とも言う。

 

モデラーさんにデザインから依頼したワンオフアバターで、お値段180万円

 

ざっとツイートを漁ってみましたが、モデラーさんが誰なのかは非公開のようですね。

管理人
名前聞いたところで疎い私にはわかりませんけれど。

 

 

NFTアートにもなっています。

管理人
NFTについてはいつか別記事で。

 

 

なるがみ氏とVR・アバター

私にとっては「Skebの中の人」のなるがみ氏ですが、VRChat等のVRSNSにどっぷりな人のようで、VRChat用のTwitter垢があったり、VRアバター関連の企業を立ち上げたりしています。

 

そもそも「ニコニ立体の中の人」でしたね。3Dモデルとの付き合いは長そうです。

管理人
MMDも広い意味ではアバターでしょうか?

 

 

Linafordちゃんのリクエスト

主になるがみ氏自身がSkebで依頼しています。

なるがみ (@nalgami) | Skeb

 

たびたび「自分で自分のサービスを使う」、「自分自身がサービスのプレイヤーとなる」という趣旨のツイートをされていますね。

 

一時期はリクエストマスターになっていたくらい、Skebを利用しているようです。

クライアント
楽しんでるなー。

追記:記事を書いている間、リクエストマスター100位前後をうろついてました。

 

冒頭で述べたとおり、今回はこのLinafordちゃんのリクエストを通して、Skebのあれこれを考えていきます

 

 

Linafordちゃんで考える利用規約・ガイドライン

まずは規約まわりを。

当ブログのSkebガイドカテゴリでは利用規約やガイドラインについて紹介・解説しています。

 

Skebの利用規約は「重要な項目」という要約があり、わかりやすいです。

 

ガイドラインはクリエイター用、クライアント用の2つが整備されています。

結構な情報量ですが、内容は最低限に絞っているとのこと。

 

利用規約とガイドライン、わかりやすいのですがそれだけでは判断に迷うことがあります

そのため、ガイド記事ではSkeb公式やなるがみ氏のTwitterから引用して情報を補足しています。

 

ここではLinafordちゃんのリクエストから、あらためて規約やガイドラインについて考えていきます。

 

 

クライアントの作品利用

クライアントガイドラインの著作権の項から。

クライアントは原則個人鑑賞の用途でのみ作品を利用できます。別の用途で利用する場合は本文に記載する必要があります。
例外として、クライアントと紐づいたSNSのアカウントに限り、クリエイターの許可なく、データを添付してツイートしたり、プロフィール画像として使用することが可能です。
個人鑑賞の範疇を超える利用については、事前にリクエストの本文内で用途を説明してください。
クライアントはクリエイターの許可なく、印刷して不特定多数に配布したり、販売したり、有料商品の一部に含めたり、パトロンサービスに掲載することはできません。

出典:クライアントガイドライン | Skeb 引用日付:2022/02/20

 

Twitterでの利用

以下の部分について。

例外として、クライアントと紐づいたSNSのアカウントに限り、クリエイターの許可なく、データを添付してツイートしたり、プロフィール画像として使用することが可能です。

 

クライアントのTwitter垢ではアイコン、ヘッダー画像への利用の他、画像付きツイートも可能です。

とくにツイートに関してはクリエイター・クライアントともに曖昧に認識している方が多いのではないでしょうか。

 

 

なるがみ氏のTwitterプロフィールを見てみましょう。(以降、このアカウントをメイン垢とします)

なるがみ氏のTwitterプロフィール

なるがみ氏のプロフィール画面から。2022/02/20撮影。

アイコン、ヘッダー画像ともSkebリクエスト品です。

アイコン:https://skeb.jp/@ryosanbot/works/48

ヘッダー:https://skeb.jp/@ahirumamire/works/70

依頼文には「Twitterのプロフに使う」というような文は無し。規約通りにクリエイターの許可なく利用しています。

 

また、画像はトリムされていますね。

ガイドラインに画像の改変についての言及はありません。トリム程度なら問題ないでしょうが、フィルタ加工みたいのは避けたほうが無難でしょうか。

 

 

VRC用のアカウントのプロフィールも。(以下、VRC垢)

なるがみ氏のTwitterプロフィール@VRC垢

同じくVRC垢のプロフィール画面から。2022/02/20撮影。

こちらもヘッダーはSkebリクエスト作品なのですが、依頼はメイン垢で行っています

ヘッダー:https://skeb.jp/@nkm799/works/35

 

個人的にこれはとてもびっくりしました。

クライアント=メイン垢のプロフにサブ垢として明記していれば「クライアントと紐付いたSNSのアカウント」という扱いでよいのでしょうか?

管理人
同じことを一般ユーザーがやるとトラブルになりそうな気が……。依頼文に書いておくほうが無難かと。

 

ちなみにアイコンの画像はSkebでは見つかりませんでした。非公開(になった)か、Skeb外の依頼かもしれません。

 

 

次に画像付きツイート

Skeb作品ページURL+画像(原寸?)のセットでツイートされています。

規約上は必ずしもURL併記しなくてもよいのでしょうが、書いておいていただくと他の人が見たときに助かります

管理人
私とか。

 

 

個人鑑賞の範疇を超える利用

次は以下の部分について。

別の用途で利用する場合は本文に記載する必要があります。
個人鑑賞の範疇を超える利用については、事前にリクエストの本文内で用途を説明してください

これはまあ書いてある通りですね。「承認された=許可された」となります。

 

なるがみ氏の場合、「自宅とVRのワールドで飾らせていただきます! 」が定型句となっています。

他にはスタンプで使うというのも。

VRChatというサービスで使っているオーダーメイドのアバターLinafordちゃんの簡単なアニメーションをお願いしたいです。
内容はすべてお任せいたします。
DiscordやSNSのスタンプとして使わせていただきたいです。

出典:https://skeb.jp/@nonaprev/works/13 引用日付:2022/02/20

管理人
これは許可を求めるというより、制作のために用途説明が必要なケースですけども。

 

 

NSFWの基準

当ブログのNSFWのガイド記事は結構アクセスがあります。馴染みのない言葉のうえに基準が曖昧なんですよね。

 

クライアントガイドラインから。

閲覧に注意が必要な内容はNSFW(Not Safe For Work、閲覧注意)の設定が必要です。
閲覧に注意が必要な内容は新規リクエスト作成画面で「NSFW」を有効にしてください。後から変更はできません。
NSFWか否かは「街頭にポスターとして掲示したり、街頭で再生して問題ないか」をひとつの判断基準にしてください。
非表示設定のものを含めすべての作品には日本の法令が適用されます。NSFWのイラストには適切な不明瞭化処理が必要となります。
不明瞭化処理を施していないイラストを外部でやり取りする行為は即時アカウント凍結の対象となります。

出典:クライアントガイドライン | Skeb 引用日付:2022/02/20

 

不明瞭化、つまりモザイクが必要なR-18エロ画像は問答無用でNSFWです。

クライアント
これはわかりやすい。

 

やっかいなのは「街頭にポスターとして掲示したり、街頭で再生して問題ないか」のところですね。

私の判断は「パンチラ等のR-15もNSFWとしたほうが無難」です。

 

そして非常にわかりやすいLinafordちゃんリクエストがこちら。

 

依頼文はこちら。

VRChatというサービスで使っているアバターLinafordちゃんのイラストをタイツ+マイクロビキニでお願いさせていただければ幸いです。

出典:https://skeb.jp/@seihekiog/works/52 引用日付:2022/02/20

 

マイクロビキニ着用で局部の露出はありませんが、露出が激しいため(?)にNSFW設定されています。(クライアント=なるがみ氏が設定)

やはりR-15もNSFWとするのがよさそうですね。

 

 

おまけ:2021年2月、株式会社スケブが株式会社実業之日本社に譲渡されると発表後、「エロ禁止になるの?」と不安になったユーザーに向けられたツイートがこれ。

クライアント
がっつりエロ扱いじゃないか。

 

 

Linafordちゃんで考える機能の利用と活用

規約の次は機能について。

 

アピールの募集

「こういう絵が描けます」といったクリエイターから個別のクライアントへアピールできる機能があります。

主にSkebを始めたばかりで納品実績が無い、あるいは少ないクリエイターさん向けでしょうか。

管理人
アピールの記事はまだありません。

 

クリエイター側から送るので、クライアントは待つだけの機能です。

……というのはSkeb上での話。Twitterでは逆にクライアントがアピールを募集していたりします。

 

Skebは検索機能が意図的に貧弱なので、「描いて欲しい絵があるけどクリエイターが見つからない」というクライアントさんはアピール募集をしてみるといいかもしれません。

参考:skeb アピール募集 - Twitter検索 / Twitter

管理人
こういうのはクリエイターさんにも有用かと。

 

 

ブーストとお礼ツイート

本来は一往復だけのリクエストに、追加でお金とメッセージを送れるブースト機能。

 

ブーストの記事でも書いたことですが、お礼を言うのにブースト(=お金)は必須ではなく、ツイートなど外部でお礼を言うのは認められています

管理人
要求・お願いにならないようにだけはご注意を。

あと「最低額の50円ブーストは失礼」などといった風潮にならないことを切に願います。

 

重ねて言うと、ブーストはあくまで任意の機能であり、義務感でブーストする必要はありません

送らない選択肢はありですし、次回上乗せなんて考えもあります。

 

実際、なるがみ氏のユーザーページを見るとブースト(金枠)率はかなり低め

依頼時の想定より差分や描き込みが多いときにブーストしているようです。

参考:https://skeb.jp/@nonaprev/works/13

 

お礼ツイートの例。報告(広報?)を兼ねた感じ。

メンションはついてたりついてなかったりします。

管理人
『花咲くいろは』はいいアニメ。

 

 

Linafordちゃんで考える○○リクエスト

最後はこういうジャンル(?)、カテゴリ(?)のリクエストがあるんだなーという話。

 

うちの子リクエスト

「うちの子」という言葉があります。

「うちの子」とは、自分の(家庭の)子供のこと。
転じて、作者が、自身が作成したオリジナルのキャラクターを愛情をこめて呼ぶ際に用いる。

出典:うちの子 (うちのこ)とは【ピクシブ百科事典】 引用日付:2022/02/20

 

アバターだけでも、Linafordちゃんのようなフルスクラッチモデルから、PSO2やFF14のようなゲーム内エディット機能で作成したキャラまで幅広く。

個人サイトのマスコットキャラ・看板娘なんかも含まれるでしょうか。

 

当ブログでたびたび取り上げている「カレーライス現象(効果)」のツイートにも登場。

Skebでは「うちの子リクエスト」が一大ジャンルとして存在しています

 

Linafordちゃんの場合、なるがみ氏自身がリクエストしたのが「うちの子リクエスト」です。

管理人
リクエストの例はいままで見てきた通り。

 

 

注意点として、ゲームのアバターの著作権はゲーム会社のもの。同様にVR用アバターも(著作権譲渡しない限り)著作権はモデラーさんのものです。

クライアント自身が権利者ではない場合、通常の二次創作と同じく規約や二次創作ガイドラインの確認が必要です。

 

 

よその子リクエスト

自分のオリキャラが「うちの子」なら、他人のそれは「よその子」と言います。

自分のオリキャラを「うちの子」と呼ぶのに対して、他人のオリキャラを呼ぶ際に使われる言葉であり、「描いてみた」タグと類似の働きをしている。
その性質上、このタグが付けられたイラストは全て二次創作に当たる。

出典:よその子 (よそのこ)とは【ピクシブ百科事典】 引用日付:2022/02/20

※そもそも「うちの子リクエスト」をクリエイターが描いたら「よその子絵」ですが、そこはまあ置いといて。

 

Linafordちゃんの場合はなるがみ氏以外のクライアントがリクエストした作品。数は少ないですが、存在します

 

 

まず1件目。

がっつりNSFWかつ「承諾済み」。ただし、匿名クライアントなので外部から事実確認はできません。

 

そして2件目。

こちらもがっつりNSFW、さらに承諾の有無について書かれていません。匿名クライアントであることも合わさりグレー感が漂います。

 

2件目のクリエイターは、先程アバターの依頼に関するツイートを引用したKEVIN_Mk-V氏

ツイートを漁ってみると……、

バレてた。

 

クライアントの事前承諾があったかは不明ですが、権利者のなるがみ氏は気づいた上で黙殺という状況のようです。

というわけで1件目の承諾も事実だろうなーと推測します。

 

管理人
「よその子リクエスト」はうちの子以上にご注意を。

人知れず消されている可能性もありますからね。

 

 

うちの子+車リクエスト

うちの子の話に戻ります。

 

アピールのところで書きましたが、なるがみ氏が「車+女の子」が描ける人のアピールを募集していました。

実際にリクエストが何件も納品されています。

えっち(えっちじゃない)から可愛いものまで。

 

なるがみ氏のリクエストが初というわけではないでしょうが、この「うちの子+車」のリクエストも一ジャンルとして存在しています

クライアント
海外のコミッション文化が発祥地かもしれない。

 

うちの子 車 で検索アバター 車 で検索すると同様のリクエストが出てきます。

実はヒット率がイマイチで、クリエイターさん、クライアントさんの納品一覧から探すほうが効率的ですね。

 

車と女の子、好きなクライアントさんはリクエストを、描けるクリエイターさんはアピールを互いに飛ばしてみてはいかがでしょうか。

管理人
私は車疎いので……。

 

 

VR動画リクエスト

最後の最後に、VRアバターが出演するムービーのリクエスト。

 

このリクエストは、なるがみ氏がクリエイターとして納品したムービーです。VRChatで撮影したのでしょうか。

管理人
是非、再生して字幕に注目を。

 

このリクエストのように、Skebのムービーは撮影・録画した映像を想定していたようです。

管理人
アイドルやメイド喫茶の店員さんは実写?

 

しかしながら現状は、GIFアニメの延長で「動くイラスト」が多いようです。

クリエイター
需要が高いからね。

 

「VRで撮影したムービー」というジャンルはまだまだこれからかなーと思います。

管理人
というか単純に検索しづらくて見つからないです。

 

 

おわり

思ったより長くなりましたが、Linafordちゃんで考えるSkebのあれこれの記事はここまでとなります。

ネタの宝庫で書いてて楽しかったです。

管理人
お読みいただきありがとうございました。


-Skebコラム
-, , ,

© 2024 スケブ沼案内記